ゲームって自転車みたいな物だと思う

※今回の記事はただの日記であり、書かれていることには特にエビデンスがありません

 

 

 

筆者はKSPというゲームが好きでよく遊んでいる。

このゲームは複数のパーツを組み合わせてロケットを作り打ち上げるシミュレーターゲームで、リアルな軌道計算により月に近づくと月の重力に引っ張られて軌道が変わったりすることを上手く計算しながら火星に着陸してそのまま地球に帰ってこれるロケットを設計したりできる。

 

しかしながらこのゲーム、ロケットの組み立てがめちゃくちゃ自由な上に「どうやったらまともに飛ぶのか」は教えてくれないので、めちゃくちゃなロケットを組み立ててそれが打ち上げ失敗して爆発する様を笑うという遊び方もあり、そちらをメインにしたプレイ動画も多数投稿されている、最近だとVチューバーのまぐろなちゃんなどが酷いロケットを爆発させていた。

 f:id:neora30b:20181127081506j:plain

(どんなに適当でも燃料とブースターさえあれば打ち上げることができる)

 

ここで本題になるのだがこのゲーム「どうやったらまともに飛ぶのか」を学んでしまうと失敗しなくなり「打ち上げに失敗して変な方向に飛んでいくロケット」を天然で作ることができなくなってしまう、無論自由なゲームなのでわざと作ることはできるが「天然物」の面白さには敵わない、私が今作るめちゃくちゃなロケットには「ウケ狙い」の薄ら寒さが付き纏う。

 

私はこの現象を「自転車に乗れるようになった人間は、乗れなかった時のことを思い出せない現象」と名付けることにした。

 

 

ここで気がついたのが

「全てのゲームには自転車に乗れるようになった瞬間のような上達ラインがある」ということである

 

格闘ゲームであれば「波動拳昇竜拳が正確に入力できること(勝てるかどうかではない)」

STGであれば「敵をどの順番で撃てば高得点になるかのパターンでプレイするようになること(クリアできるかどうかではない)」

戦略シミュレーションゲームなら「戦略を立てること(何を言ってるんだと思うがこれが難しいし筆者も出来てない)」

パズルゲームなら「連鎖できるようになること(3連鎖が確実にできる)」

 

この領域にたどり着いて初めてそのゲームという”自転車”に乗れるようになり

人はそこから自転車を「乗りこなす」領域に入るのだという気付きである。

Eスポーツはいうなればここからサイクルロードレースの選手を目指す道だと考えると筋が通る。

 

各ジャンルの「このゲームジャンルは衰退した!」的な論も「自転車に乗れるようになる前に諦める人が増えた」という言い方にすると理屈がわかってくるし「このジャンルは自転車に乗れるようになってないと面白くないです」という世界ももちろんあるわけで、ゲームを自転車に例えると何もかも筋が通って見えてきた気がした。

 

「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」お話は終わってもそのキャラクターの人生はずっと続くということ

EXILETRIBEが送る超弩級アクションエンターテイメント HiGH&LOWシリーズ

 

去年の「HiGH&LOW THEMOVIE3 ファイナル・ミッション」で物語は一応の終わりを迎えました。

九龍グループと政府が組んでしかけたカジノ建設のための再開発計画の癒着を暴き

街をヤクザの利権から守ったSWORD地区の若者達はそれぞれ日常に帰りました。

 

そして今回の新作映画「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」です。

『喧嘩0笑い80感動20や』とHiGH&LOWシリーズの大きな売りの一つであったアクション無しで挑む今作は果たして刺激に慣れきった私達を満足させられるのでしょうか?。

 

 

 

答えは大満足でした。

 

続きを読む

「カメラを止めるな!」は『誰』にオススメしたいのか

今まさに大ヒット中の映画「カメラを止めるな!

とにかく素晴らしい映画なのだが、「ネタバレできない」ということもあって

『どんな映画なのかまったく伝わってこない』との声も多い。

もちろん『どんな映画なのかまったく伝わってこない』状態で見に行くからこその衝撃もあるので是非そのまま見に行ってほしいのだが…

 

せっかくなのでネタバレのギリギリまで迫ってこの映画が「どんなタイプの人に刺さりやすいか」そんなことを短く書いていきたい。

 

というか筆者の文章力がめっちゃ低いので普通にネタバレになってると思うので

ネタバレ無しで映画見たい派の人はここでブラウザを閉じて映画館に行きましょう。

 

続きを読む

けものフレンズで描かれているもう一つの魅力について<1話編>

けものフレンズの流行と共に、その面白さを解体する文章が多数投稿されるようになりましたが。「ポストアポカリプス」「実は練り込まれた動物描写や設定」「語録」などの部分に偏っているきらいがあると判断し、今回は別の視点からお話をしようと思います。

 

続きを読む

劇場版アイカツスターズの話

Twitterに書くには長くブログにするにはちょっと短い話

 

劇場版アイカツスターズ

お話の構造を単純化すれば「唯一無二のパートナーと喧嘩してしまって」

というお話なんですが。

 

続きを読む

劇場版ウルトラマンX-きたぞ!我らのウルトラマン- 大怪獣映画がスクリーンに帰ってきた!

そんなわけで見てきましたよ!

「劇場版ウルトラマンX-きたぞ!我らのウルトラマン-」

 

いや、本当めちゃくちゃ良かったです

ウルトラマン昔見てたけど最近のはちょっと」って人もぜひ見に行って欲しい

 

ミニチュアの街を大怪獣が破壊する!

火薬がボンガボンガ爆発する!!

防衛軍が総力を持って戦う!!!

 

そういう映画です

そして現れます 全てのウルトラマンの物語の始まりである

初代ウルトラマン

 

そして平成のウルトラマンの時代を築き上げたウルトラマンティガ

 

 

今回のこの映画 ウルトラマンティガまわりがあまりにも完璧すぎて

ウルトラマンティガ直撃世代としてはもう涙がでてしまいました

 

いやもうネタバレまるまま書いちゃうんですけど

 

 

 

続きを読む

「仮面ライダー1号」藤岡弘、が送る生命のメッセージと自覚

公開中の映画

仮面ライダー1号」

を見てきたましたので感想と感じたことを書いていこうと思います。

 

 

「ショッカーの残党を追って海外で戦い続けていた仮面ライダー1号・本郷猛は、長年の戦いから肉体の限界を寿命の限界を悟り。最後の時間をおやっさん 立花藤兵衛の孫である立花ゆいと過ごすために日本へ帰国する。だが日本ではショッカーから分裂した新たな組織ノバショッカーが生まれていた」

 

続きを読む